FRECCIA ITALY スモールバッグ

QVCダイスキコッコフィオーレ研究所バッグ3万円以下>FRECCIA ITALY スモールバッグ



*この商品はコッコフィオーレではなく、FRECCIA ITALY(フレッチャイタリー)というブランドです。
かわいい”ナツメさん”にお写真と口コミいただきました♪



以下、”ナツメさん”にいただいた口コミです♪

『貴重品入れとして購入して、電子手帳とがま口財布、職場に入室するためのセキュリティカード、お守りなどを入れています。
大きさは、タテ12.5cm、ヨコ20cm、マチ4.5cm(カタログ値)です。

最近、コッコフィオーレやフレッチャでバッグを買って、バッグが増えたので、出かける度に貴重品を入れ替えるのが面倒だったので、こちらを購入しました。
普段はハンドル部分は、バッグの中にしまって、クラッチとして使っています。(ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ファスナーの余った部分もバッグ内部にしまい込むと、すきっとしたデザインで使える・・・と勝手に思っています。)

使いやすいですが、バッグが硬いので形が崩れない代わりに物もあまり入りません。
ちょっとしたものをしまいっぱなしにする用途以外にはあまり出番がありませんが、同色のバッグのハンドル部分に、付けて使うこともできるので、大きめのコッコフィオーレやフレッチャのバッグを持っている方にはお勧めできます☆』


”ナツメさん”ありがとうございました〜♪


FRECCIA ITALY(フレッチャイタリー)とは?

コッコペルラ(革)を使った、コッコフィオーレとは別のブランド。
「コッコフィオーレよりもFRECCIAがスキ」というファンも少なくない。
FRECCIAとはイタリア語で「矢」という意味。「矢」のように素早く丸ごとのイタリアをお届けしたい。その思いのもと、イタリア・フィレンツェに1990年森嶋伸之主宰のバッグのアトリエを開設。 1990年11月15日・トスカーナ県商工会議所に登録、NO.430255 2000年11月FRECCIA JAPAN OFFICE スタート。(後半はFRECCIAのページから引用しました。)
FRECCIA ITALY(フレッチャイタリー)商品一覧
コッコフィオーレ(cocco fiore)とフレッチャイタリー(freccia italy)比較記事




【ご了承下さい】 取り扱い終了品や売り切れの場合がございます。
現在の販売可能商品は下のバナーよりご覧いただけます。

cocco fioreコッコフィオーレ研究所ではコッコフィオーレの写真を提供してくださる優しい方を募集しています。コッコフィオーレの商品であればどんな写真でもかまいません。

携帯で撮影した物でもOKです。コチラのアドレスまでお送り下さい。ご意見ご感想のみでもかまいません。どうぞよろしくお願いします。

管理人にメールする♪

QVCジャパン
COCCO FIOREクロコ型押しエナメル加工が大人気!

コッコフィオーレ研究所TOPページへ戻る


この記事へのコメント
貴重品入れとしてこれを大きめバッグに入れ替えるというのは良いですね!ヴィップだとカタチが決まらないので貴重品だけ持って。というときにやや不安。
このサイズでは長財布は無理そう。やっぱがま口か二つ折り財布がほしいなぁ。
....コッコで(^^)
Posted by maon at 2007年08月25日 11:34
こんにちは(*^^)

コッコフィオーレ研究所リンク勝手に貼らせてもらいました〜。
これからも宜しくお願いします!

Posted by cocco_fiore[みき] at 2007年08月25日 16:02
maonさん♪

そうそう、ナツメさんの口コミにある使い方便利ですよね。
私もなるほど〜って思いました。

このバッグもカテーナポーチと同じようにアハンドルが本体からはずれるようになっているので、(片方だけですが)、他のバッグにひっかけて使うこともできます。

確かに長財布は厳しいぽいですね。
横が20センチなので。
アルジェントウォレットが19.5センチです。
Posted by コッコフィオーレ 研究所管理人 at 2007年08月25日 17:57
みきさん♪

ォォ
ありがとうございます(*´∀`*)

私もずっとちゃんとしたリンク集を作りたいな〜と思っているのですが、なかなか手が回らないでいます。

その時はぜひお願いしますね!
Posted by コッコフィオーレ 研究所管理人 at 2007年08月25日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。